スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノビタキの群れ

 夕方になるとほぼ毎日ススキの原から餌を探しに休耕田に出てきます。
 草刈をした休耕田はバッタなどが飛び跳ねるとすぐ分かるのでいい餌場のようです。

 短かった尾がずいぶん長くなりました。
nobitakiH170830-00.jpg


 下の子、虫(幼齢のバッタ?)をくわえてます。草を刈り、その草をそのまま放置してある休耕田にはバッタやコオロギがたくさんいます。
nobitakiH170830-11.jpg


nobitakiH170830-01.jpg

nobitakiH170830-04.jpg

nobitakiH170830-05.jpg

この子とは10分ほどにらめっこしてました!
nobitakiH170831-01.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

二十八ミリの秘密

 僕たち夫婦が八ヶ岳に山小屋を創ったのは、亭主の僕が、あかげらに魂を奪われて、土地を衝動買いしてしまったからです。 なぜ‘作った’や‘造った’ではなく‘創った’という字を使ったのか、衝動買いした土地がなぜ僅か七十四坪だったのかは、「八ヶ岳あかげら日誌」...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。