冬鳥一番乗り?

今期初の冬鳥はカシラダカでした。
草むらでたくさん群れていましたよ。

カシラダカ

スポンサーサイト

一羽だけ!

 夕方4時ごろ、夕日を浴びたノビタキを撮りたくて草原に出かけてみました。でも姿はまったく見られません。探しているうちにあっという間に日が沈み、もう帰ろうとしたとき一羽が高いところにとまっているのを見つけました。
 冷たい風が吹いていました。
ノビタキ

ノビタキ

最後のノビタキ?

ここ何日か草原に行かなかったので、もういないかと思ったノビタキですが、数羽のグループ一組だけ見つかりました。
今日はちょっと寒かったので舞っている虫は少ない様子。地面でコオロギなどを捕まえているようでした。
写真は食後の一休みっていうところです。
ノビタキ

今日のノビタキ

まだまだノビタキ、いました!
ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

続きを読む

ホオアカがいました!

ホオアカやコヨシキリなど、この時期は草の中に隠れていてめったに姿を見せませんが、今日は少し背の高い草にとまってのんびりしているのを見ることができました。
ホオアカ

冷えてきています

朝から霧雨で気温も下がっています。
ノビタキ、そろそろ南に向かって旅立ちそうです。
ノビタキ


広いフィールドです。今日は数十羽のイカルの群れに出会いました。
2-3日前の夕暮れには道路標識にとまっていたフクロウにも出会いました。
お隣の人は日が暮れてから散歩をしていてクマを目撃したそうです。
今年は我が家の横のトウモロコシをクマに食べられてしまいました。
でもクマに襲われた人はいまのところいません。
sougenH181014.jpg

アザミの原のカワラヒワ

一面アザミが咲き誇る中、一羽のカワラヒワがとまっていました。
カワラヒワ

暖かい日、ノビタキ

風も無く暖かな日、たくさんのノビタキが見られました。
あちこちでフライングキャッチです。
ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

アオサギ

稲穂がたれる水田の傍らでアオサギが餌探しをしていました。
結構獰猛でネズミなども食べるんです。
アオサギ

ジネズミ

休耕田地帯を走っている舗装道路にネズミみたいな動物が動いていました。どうもネズミにしては鼻が長いし、モグラとも前足の形が違います。
とりあえず写真に姿を収めて家で図鑑で調べてみました。その結果「ヒミズ」というモグラに似た動物らしいという結論にたどり着きました。
ヒミズは「日を見ず」から名づけられたそうで、落ち葉や草の下で餌をとるのだそうです。
しかしもう一度調べなおした結果、「ジネズミ」ということになりました。鼻がヒズミとは違うようです。
ジネズミもモグラの仲間だそうです。


ヒミズ

ノスリ

草原が見渡せる電柱でじっと地面を見渡していました。
顔だけでなく姿もダルマさんですね。
ノスリ

ノビタキ、夕暮れ

夕暮れ、草原に出てみたのですがノビタキはじめ野鳥がまったくといってよいほど見当たりません。日が陰ってからどうにかノビタキの群れを見つけることができました。

ノビタキ

早朝、ノビタキ

めずらしく早朝、お出かけしました!
ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

続きを読む

夕暮れ時、ノビタキ

夕暮れ時、くつろいでいる群れに出会いました。
水浴びしたり、羽繕いです。
ノビタキ

続きを読む

風の日のノビタキ

久々に雨が上がって草原へ。
カワラヒワは群れを伸していますがノビタキがあまりいない?
でもよく探したら草の先ではなく、草むらの中で餌を探す姿が見れました。風が強すぎ、フライングキャッチは難しいようです。
ノビタキ

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。