最後のタヒバリ

もうタヒバリはあまり見かけなくなりました。
残っている冬鳥はツグミぐらいでしょうか?
ツグミまだまだたくさん見られます。今年は特別多いようです。
タヒバリ

タヒバリ

スポンサーサイト

ノビタキのメス、はじめてのエリアで

広い発地の休耕田地帯ですが、ノビタキは数つがいしかいないように思います。
でも今日、今まで未確認のエリアでメスを見ました。
あたらしいつがいかもしれません。
nobitakiH180428-15.jpg

nobitakiH180428-13.jpg

続きを読む

発地の夏鳥情報

4月27日確認情報:
○ミゾゴイの鳴声を今シーズン初めて聞きました。八風山の奥深くからわずかに聞こえてきました。時刻は夕方7時です。
○アカハラのさえずりが2-3日前から聞こえます。夕方聞こえます。
○クロツグミのさえずりは周辺の山からたくさん聞こえてきます。夕方聞きました。
○オオジシギはややおとなしいです。
○ノビタキも夕暮れ前にさえずっています。
○ホオアカは休耕田のいたるところでさえずっています(夕暮れ前)。

ノビタキ、飛び物

飛んでいる虫を見つけて飛び出したようです。

この場所の縄張りは去年は無かった気がします。
広い休耕田地帯ですが、ノビタキの縄張りは数箇所しかなさそうですのでちょっと来てノビタキを探してもなかなか見つからないと思います。

虫が飛んできたぞ!!
nobitakiH180427-02.jpg


追いかけろ!!
(画面左側に虫が見えます)
nobitakiH180427-01.jpg

ビンズイ(タヒバリ?)

目の周辺の模様からビンズイとしましたがタヒバリかもしれません。
動いていたから見つけられたものの、草むらの中の茶色っぽい鳥はほんとに見つけにくいです。


ここ休耕田地帯とその周辺、このところ徐々に野鳥の状況が変わってきています。
2-3日前裏山でアカハラを見たのですが、昨日の夕暮れ時には周囲の森の2-3箇所からアカハラのさえずりりがきこえていました。昨年より多いような気がします。クロツグミのさえずりは数箇所から聞こえてきます。ここ数年、クロツグミは増えてきているようです。
今年の休耕田でのツグミはめちゃくちゃ数が多くて、ここ2-3日ようやく北に向かっていき始めたようです。
タヒバリも少なくなりました。
コムクドリも2-3日前から見かけるようになりました。

ところでガビチョウは間違いなく急速に増えています。冬は特にカケスやキジバトと、夏はクロツグミやアカハラともバッティングするように思います。

ビンズイ

ホオアカ、だいぶイナバウアー

地上で鳴いているとどこにいるのかさっぱり分かりません。ようやく見つけて撮りました。
ようやく緑も見えるようになって、ホオアカもうれしそうです。
ホオアカ

ホオアカ

ホオアカ


今日のイナバウアーです。個体により囀るときの反り返る角度が違うようです。
ホオアカ



オオジシギ、ちょっとうれしいニュース

10日ほど前からオオジシギのディスプレーフライトが聞こえるようになったのですが、最近ますます盛んです。
先日オオジシギが飛び回る4つの縄張りが確認されたと書きましたが、今日さらにもうひとつ新しい縄張りが確認できました。
昨年は4つだったので今年は1つ増えました。

写真は本文とは関係ありませんが!
ノビタキはホオアカより高いところが好きですね!
でも休耕田にはあまり高い木がないのでホオアカに負けているようです。
ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ、巣作りを始めました!

夕暮れ時ノビタキのメスを見ていたらすぐ脇で何かをくわえて枯れ草の中にもぐりこみました。
巣を作っているようです。
オスは近くで囀っているだけで手伝いませんでした。
ノビタキ


巣から出てきたところです。
ノビタキ


しばらく巣材を運びこんだ後、一休みのノビタキです。
ノビタキ

ノビタキ

ホオアカです

今日はしっかり近くから撮れました!
ホオアカ

続きを読む

コチドリ撮り奮戦記

至近距離のコチドリを撮るのはなかなか大変でした。コチドリは餌を探しながらどんどん移動しており、ほとんど動きっぱなしなのです。デジスコは被写体を捕らえ、三脚を固定し、ピントを合わせてやっとシャッターを切れる訳で、その間にはもう被写体が移動してしまっています。
以前もヒバリで同じことがあったのですが、そのときは来そうなところにレンズを向け、あらかじめピントを合わせておいて、視界に入ったらシャッターを押すようにしました。でも結果はあまり芳しいものではありませんでした。必ずしも予想したところへ移動しないし、ピントも甘くなってしまいました。

コチドリはヒバリより移動先が予測できませんでした。

結局、三脚のネジはゆるめにしておき、レンズの方向を決めるバーを右手の小指と薬指に挟んで動かし、シャッターは右手の親指人差し指中指の3本で持ち、左手でピントを合わせるという離れ業をやってのけてどうにか数枚撮ることができました。

コチドリ

ノビタキ、今日のベストショット

オオジシギの状況を調べてみたところ、昨年並みの4つの縄張りが確認できました。もしかするともうひとつあるかもしれません。

写真はお得意のポーズのノビタキ(オス)です。
ノビタキ


さえずっています!
ノビタキ

ノビタキ

アズマイチゲとカタクリ

この花が庭に咲くと春が来たなと思います。

昨日の朝は氷点下5℃でしたが、ようやく今日は春らしい気候になりました。しかしながら黄砂による春霞はすごく、浅間山が見えなくなるほどでした。
アズマイチゲ

続きを読む

コチドリ、田んぼで餌探しです

夕暮れ前の田んぼで2羽のコチドリが一生懸命餌を探していました。すぐそばに車を横付けしても逃げようとしません。
至近距離でのショットです。

日が暮れるとオオジシギが騒いでいました。このところ連日です。
コチドリ

コチドリ

コチドリ

ホオアカ、ちょびっとイナバウアー

ホオアカ、最近さえずり始めたと思ったら、もうほぼ全域で所定の位置に縄張りを確定したようです。
夕暮れ近い時刻、あっちからもこっちからもホオアカのさえずりが聞こえてきました。
ホオアカ

ホオアカ

ホオアカ

ノビタキ、メスはやっぱりかわいいです!

夕暮れ時、つがいでいたノビタキ、メスが川岸の草むらに飛び降りて餌を探していました。

ノビタキ

ノビタキ、今日の一枚

今日は群れが見られず、あちこちで縄張りを構えたつがいが見られました。

この子は人工物にとまることで名を馳せてます。今日もここで気持ちよさそうにさえずっていました。もちろん近所にはメスがいました。

ノビタキ

ホオアカ、見つけました!

鳴き声が聞こえても、姿をなかなか確認できなかったホオアカ、ようやく撮れました。
繁殖期になると、荒川選手も真っ青になるイナバウアーが見られます。
今から楽しみです。

でも今はまだ気合が入ってないです。そりが足りません。
ホオアカ

ノビタキ

今ここのノビタキは群れているグループと、いつもの場所に縄張りを築いているつがいが見られます。

写真は冬羽の残っているオス(それともメス?)のノビタキですが、優しそうな顔をしてますね。
ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

ヒバリ、囀りながら歩く!

つがいで餌探しですが、オスは後から囀りながらついて回っていました。ヒバリ

ヒバリ

続きを読む

タヒバリ餌を獲る!

野焼きの後はよい餌場です!
タヒバリ

タヒバリ

今日のノビタキ

ノビタキ、またまた増えているようです。数羽以上の群れが3つ確認できました。

ノビタキ

続きを読む

ヒバリ

この休耕田地帯に(たぶん)一番乗りした夏鳥ですが、ようやく写真に撮れました。かなりの数のヒバリがいるようです。

ヒバリ

ヒバリ

ヒバリ

タヒバリ

タヒバリは野焼きの跡にたくさん集まるそうです。
発地の野焼きの時期を知っているようで、最近たくさん見られます。
タヒバリ

夕暮れ時のノビタキ、ホオアカ

夕方6時頃から休耕田一帯を歩いてみました。
まず入り口に立つとどこからともなく澄んだノビタキの鳴き声が聞こえてきました。さらに歩いて数分、今度はホオアカやヒバリの鳴き声があちこちから聞こえてきます。
草原の夕暮れ時は結構賑やかです。
小一時間ほど歩いてかなり暗くなったころ、今度はフクロウ、それにオオジシギの例の急降下の羽音がします。カルガモも空を飛び回っています。周辺の山からはクロツグミです。
楽しくなってきました。
ノビタキ

草焼きの後、餌を獲るノビタキ

一面枯れ草が焼かれた中でも虫は獲れるようです。

すっかり枯草が焼かれた休耕田
kusayakih180410.jpg


その中で虫を捕まえた!
ノビタキ

ノビタキ

雨の中、ノビタキ

小雨の中、黙々と餌探しです。まだ餌になる虫も少ないのでしょう。
ノビタキ

続きを読む

野焼きの日、ノビタキの群れ

今日は恒例の休耕田地帯一帯の野焼きの日。野焼きが済むとノビタキがやってきます。
風が強かったのですが、午前中無事区民総出の野焼きを終え、夕暮れ前にノビタキを探しに出かけました。
はじめなかなか見つからなかったのですが、そのうちに数羽の群れに出会いました。思ったよりたくさん来ているようです。

燃え残ったアシの茎にとまったノビタキ。
ノビタキ


メスもいました。
ノビタキ


一羽だけ離れて囀っていたオス。
ノビタキ


まだ冬羽の残るオス。
ノビタキ


続きを読む

ノスリ

ヒバリを探していたらノスリがいたのでパチリ。いつもいるノスリです。
ノスリ

ノスリ

ノビタキがやってきた!

4月に入ってから寒い日が続きますが、発地の休耕田地帯ではもう1-2週間前からヒバリが囀っています。
他の夏鳥も来ているだろうかと重い腰を上げて出かけてみたところ一羽のノビタキを見つけました!
今年初見、初撮りです。
ノビタキ

ノビタキ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。