しなやかに生きるノビタキ

 昨日、今日とノビタキのホバリングが見れました!
 (デジスコなので撮れなかったですが)なかなか上手でした。
 実った木の実に集まる虫を狙って、木の実の少し上空でホバリングして虫を狙っています。このときピタッと空中で停まります。

 あるときはモズのように棒などの先にとまって虫を探し、あるときはヒバリなどと一緒に地上を歩き回って虫を探し、またあるときは飛んでいる虫をフライングキャッチし、そしてハチドリのようにホバリングして木の実に集まる虫を獲ります。
 ノビタキ、しなやかに生きています。

 でももうそろそろノビタキともお別れのような気がします!
 今日は大接近して撮らせてくれました。
nobitakiH170930-04.jpg

nobitakiH170930-02.jpg

nobitakiH170930-23.jpg

nobitakiH170930-05.jpg

スポンサーサイト

ノビタキ、オスとメス

 今朝もまだノビタキが群れていました。群れの中にまだオスと一目でわかる、顔の黒いノビタキも混ざっていました。冬羽になってもこの黒っぽさは残っているんでしょうか?
nobitakiH170930-10.jpg

nobitakiH170930-100.jpg


オスがポツンととまっていた。
nobitakiH170930-12.jpg

そこへメスがやってきて並んでとまりました。
nobitakiH170930-15.jpg

モズ

 いつもならノビタキがとまる場所ですが、モズ(メス)がいました。
 やわらかい色合いがきれいです。
mozuH170930-01.jpg

mozuH170930-02.jpg

今日のノビタキ

 ここ2-3日寒かったのでまだいるだろうかと心配でしたが、今日はよく晴れたので夕方いつもの場所へ出かけてみるとまだあちこちで姿が見れました。
 いつ南へ出発するんでしょうかね?
 この頃はオスとメスも若なのかも区別がつきません!
nobitakiH170929-00.jpg

nobitakiH170929-01.jpg

nobitakiH170929-02.jpg

nobitakiH170929-03.jpg

nobitakiH170929-04.jpg

ノビタキ、ゆっくりしています

 ホオアカやオオヨシキリ、コヨシキリはもうまったく見かけませんが、ノビタキはまだ群れています。今日はさっぱりとしたよい天気で羽虫が多かったせいか数羽のノビタキが盛んにフライングキャッチをしていました。
nobitakiH170926-00.jpg

nobitakiH170926-01.jpg

nobitakiH170926-02.jpg


飛んでいる虫を探しています!
nobitakiH170926-03.jpg

秋。雨上がりのノビタキ

 またまた夕暮れ時のノビタキです。台風17号の影響で午前中降ったりやんだりでしたが、午後は晴れ間も顔を出しました。
nobitakiH170925-01.jpg

nobitakiH170925-02.jpg

nobitakiH170925-04.jpg

nobitakiH170925-05.jpg

たそがれるノビタキ

日がもう沈んだころ、ねぐらのヨシ原近くでたそがれていました。
nobitakiH170923-04.jpg


nobitakiH170923-03.jpg

ノビタキ、水浴びをする

 今日は昼間かなり気温が上がって、夕方近くなってもあまり涼しくなりませんでした。
 午後の食事を終えてねぐらに戻るころでしょうか、ノビタキが水浴びをしていました。
nobitakiH170923-23.jpg

nobitakiH170923-24.jpg

nobitakiH170923-25.jpg

水浴びの後の羽繕い。
nobitakiH170923-26.jpg

さて、帰ろうか!
nobitakiH170923-28.jpg

モズ

 モズのつがいがホオアカやノビタキのように草の先でのほほんとしていました。子育ても終わってのんびりしているのでしょうか?
mozuH170923-10.jpg

mozuH170923-05.jpg

防壁に守られてのほほんとしています。
mozuH170923-04.jpg

mozuH170923-06.jpg

mozuH170923-03.jpg

ガビチョウ、軽井沢でも繁殖する

 3-4年前から我が家の東の森に住みついたガビチョウが今年は雛を育て上げました。
 台湾から持ち込まれたといわれているので、寒さに弱いのではと思っていましたが、森ふところに囲まれた南斜面で一年を過ごしています。

 夕暮れ時散歩していると頭のすぐ上の梢で(たぶん)若鳥が2-3羽ウロチョロしてました。黙って見ていると手の届きそうなところまで近寄ってきます。親鳥はすごく用心深く、忍者のように振舞うのですが、まだまだ好奇心旺盛のようです。

夕暮れ時の手持ちなのでボケボケです。
 gabichouH170917.jpg


こっちは今日のノビタキです。2-3羽見かけました。
nobitakiH170917.jpg

ホオジロだけに!

 最近空に何十羽という鳥の群れが見られます。みんな渡ってゆく鳥たちでしょうか?
 今日、草原ではホオジロしか見つけることができませんでした。
ホオジロ

ノビタキ、秋にさえずる

 最近、ノビタキのねぐらや行動範囲が変わってなかなか出会えません。広い草原地帯を縦横無尽に飛び回っているようです。それにもう南へ向かった家族もあるようで、数が減ってきているような気がします。
 それでも数羽が群れているのを見つけ眺めていると、どこからかあの口笛のような鳴き声が聞こえてきました。初夏の鳴き声よりはやさしい感じです。

 それから、ホオアカもやさしい鳴き声で鳴いています。今日はまたヨシ原の中からコヨシキリのさえずりも聞こえてきました。やっぱりやさしげにさえずっていました。姿は見えませんでしたが。

写真は夕食後の一休みって所でしょう。
nobitakiH170914-00.jpg


nobitakiH170914-01.jpg

nobitakiH170914-02.jpg

nobitakiH170914-03.jpg

nobitakiH170914-05.jpg

nobitakiH170914-06.jpg

ノスリ、ネズミをゲット

 目の前をノスリが上空から音も無く滑空してきて草むらに下りたかと思ったらネズミを捕らえていました。
 写真はその後のシーンです。
nozuriH170913-01.jpg

ごちそうをいただき!
nozuriH170913-02.jpg

なんか文句ある?!
nozuriH170913-03.jpg

食べ終わって指をきれいにしてます。
nozuriH170913-04.jpg

カケス、里に出る

 春から夏にかけて山中で過ごしたカケスの群れが時々里の近くまで姿を現すようになりました。シジュウカラの家族も家の周りで賑やかにしています。
 夏が過ぎて(といっても今日は真夏ですが)、野鳥の風景もだいぶ変わってきています。
 あれ、モズも写ってますね!
kakesuH170909-02.jpg

ノビタキ、朝食を摂る

 珍しく早朝に草原に出てみたところいつもの場所にノビタキがいません。
 探してみると、草を刈る前の縄張りで餌を摂っているノビタキに出会えました。
 草が伸びてきて、また古巣に戻ったのかも知れません。

 以前の縄張りに戻っていました。
nobitakiH170911-00.jpg

餌を捕まえた!
nobitakiH170911-01.jpg

nobitakiH170911-02.jpg

古巣で餌を探してます。
nobitakiH170911-03.jpg

nobitakiH170911-10.jpg

久々のホオアカ、子育て?

 最近さっぱりホオアカに出会えなくなっていました。
 もう南に帰りはじめているのでしょうか?
 それでも今朝、久しぶりに2羽のホオアカに出会えました。

 一羽は餌を盛んに捕まえており、もしかして子育て中?
 今ごろそんなことは無いかな?
hooakaH170911-01.jpg

hooakaH170911-02.jpg

hooakaH170911-03.jpg

今日のノビタキ、黒い顔

 今日はよく晴れ渡り、すがすがしい一日でした。
 ノビタキもたくさん、いつもの場所で餌を獲っていました。
 餌を獲る様子は双眼鏡でどうにか分かる程度です。
 あっちこちで小ジャンプを繰り返しています。

 写真には餌場とススキ原の中間で休んでいた一羽のノビタキを撮ることができました。今はオスとメスの区別が付けにくいですが、これははっきりオスと分かります。
nobitakiH170908-01.jpg

nobitakiH170908-02.jpg

台風一過のノビタキ(その2)

 昨日に載せたノビタキの写真、皆前から撮ったものでした。
そこで羽の模様が見えるものを選んで載せました。
nobitakiH170907-104.jpg

nobitakiH170907-105.jpg

nobitakiH170907-102.jpg

nobitakiH170907-103.jpg

nobitakiH170907-107.jpg

キアゲハ

 きれいな花に蝶がとまっていたので思わず撮ってしまいました。
 この花、なんていうんだろう?
kiagehaH170907.jpg

台風一過のノビタキ

 台風、雨はよく降ったけれど風はたいしたことなく通り過ぎてくれました。
 午後、日もさしたので出かけてみると長雨でお腹をすかせた(?)ノビタキが食餌に出ていました。
 時にはすぐ近くまで来て私の方をジロジロなんてことも。
nobitakiH170907-01.jpg

nobitakiH170907-02.jpg

nobitakiH170907-03.jpg

nobitakiH170907-07.jpg

雨の中でも頑張るホオジロ

 このホオジロは夏の間ずっとこの近辺の電線でさえずり続けていました。
最近は若鳥と一緒の姿も見かけます。
 雨の中でもこうやってあたりを警戒して若鳥を守っているのだと思います。
hoojiroH170906-01.jpg

hoojiroH170906-02.jpg

台風前夜、アマサギ?

 ちょっとダイダイ色がかったのはアマサギでしょうか?
 色が薄いので気がつきませんでした。
 時々はアマサギもここ発地の休耕田に現われるとは聞いていましたが、見たのは初めてです。

amasagiH170905-00.jpg

amasagiH170905-01.jpg

amasagiH170905-02.jpg

台風前夜、ダイサギ

 朝から雨が降りしきり、休耕田地帯は水路があふれています。
 そんな中、10数羽のダイサギ、もしかしたらチュウサギ?が群れていました。すでに河原などは水があふれているのできっとそこから退避してきたのでしょう。
daisagiH170905-02.jpg

daisagiH170905-03.jpg

コヨシキリ

 コヨシキリ、この日(9/3)は2羽がススキの中で遊んでいました。
その内の一羽がちょっと外に顔を出してくれました。
koyosikiriH170903-01s.jpg

koyosikiriH170903-00s.jpg

ヒマワリ畑で休むツバメ

 ツバメって端正ですね!
tubameH170830-02.jpg

tubameH170830-04.jpg

コスモス畑のホオアカ

 今まで長い間花をつけていたコスモスですが、野鳥はあまり止まってくれません。先が細くて止まりづらいようです。
hooakaH170830-01.jpg

hooakaH170901.jpg

我が家の玄関番

 このガマ君、ここ数年、夏から秋にかけての夜に我が家の玄関先を守ってくれます。
 夜、玄関から出て第一歩のあたりで構えています。うっかりすると踏みつけてしまうので、家族みんなで気をつけるようにしています。
gamagaeruH170901.jpg

嫌いな方はお口直しにこちらをどうぞ!
オットット!!
amagaeruh160923-2.jpg

ガマビタキ、カカシビタキ

ノビタキがガマの穂に止まってくれました!
遠くまでよく見通せそうですね。
きをつけー!
nobitakiH170901-00.jpg

案山子にはよく止まります。
ウーン! なんだなー
nobitakiH170901-01.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。