早春の花

先日、アズマイチゲなどの写真をアップしましたが、まだ寒く花びらを広げていませんでした。
今回、気温も上がって精一杯花びらを広げている写真をアップします。

カタクリ
カタクリ

アズマイチゲ
この花は多年草で、何年もかかってやっと花をつけることができるのだそうです。
また、春に芽が出始めると一気に伸びて花をつけるそうです。
まわりの木々が葉をつけるまでに花を咲かせ、実をつけなければならないので、早春の日差しを必死に浴びようとしています。
アズマイチゲ

フクジュソウとアズマイチゲ
アズマイチゲ
スポンサーサイト

春の訪れ

こちらもやっと生きた心地のする季節になりました。
毎年我が家の庭に一番に咲くスプリングエフェメラルです。
今年は花が咲き始めてから雪が降ったり、氷点下8度にもなったりしましたが、しっかり咲きました。


アズマイチゲです。
春の花
アズマイチゲ

フクジュソウです。少しずつ増えています。
フクジュソウ

キクザキイチゲです。
キキザキイチゲ

カタクリです。カタクリも増えています。
カタクリ

コブシ

世間が桜でにぎわう頃、こちらはコブシが咲きます。
例年より1週間遅い開花です。
コブシ

春、スプリングエフェメラル

今年は暖冬だったようですが3月後半から寒くて花は遅れ気味です。
ようやく庭のスプリングエフェメラルが咲きました。
アズマイチゲ、カタクリ、フクジュソウ、キクザキイチゲが満開です。だんだん数も増えています。

もう少しするとサクラソウやルリソウが咲きます。

あずまいちげ



キクザキイチゲ

キクザキイチゲです。ふつう白い花をつけますが、時々淡い色の花を咲かせます。

ややムラサキがかったキクザキイチゲです。
キクザキイチェゲ


こちらは普通の白い花です。
キクザキイチェゲ


春の妖精

 アズマイチゲやキクザキイチゲ等は他の草木が葉を茂らす前にパッと咲いて実をつけ、消えてなくなるのでspring ephemeral(春の妖精)と言われています。アズマイチゲは芽を出してから数日(?)で花を咲かせるそうです。こんなに小さくても多年草で、花を咲かせるようになるのには何年もかかります。

 我が家の庭ではこんな花が徐々に増えてきているので楽しみです。

 ところで昨日、今年初めて鶯の鳴き声をききました。まだ遠慮がちにさえずっています。


アズマイチゲの群落
アズマイチゲ

 
spring ephemeral

フキノトウ

フキノトウがたくさん採れました。
ほろ苦い匂いがいつもの春を知らせてくれます。
フキノトオ


フキノトオ

ようやく春

休耕田地帯ではヒバリがさえずりはじめ、春を感じさせてくれます。
庭先にも早春の花が咲き始めました。

アズマイチゲとフクジュソウ
アズマイチゲ


カタクリ
カタクリ


フクジュソウ
フクジュソウ


キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

春を告げる花

フクジュソウ、アズマイチゲ、カタクリが咲きました。
我が家の春を告げる花です。
花

続きを読む

サクラソウ満開

南斜面の暖かい場所ではサクラソウが満開になりました。日陰や北斜面では1-2週間咲くのが遅れるので結構長い間楽しめます。
サクラソウ

このあたり(発地)では民家の庭にたくさん植えられて、増えています。
サクラソウ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。